Sorry this page is japanese only!

捨てられたうさぎたち

けなげです…ふかちゃん 里親みつかったよ! 月にいきました
99年10月18日
病院から帰ると、小さなダンボ−ルの箱がありました。
箱を開け・・・言葉がありませんでした。
毛のない、そしてどうみても普通でないうさぎの赤ちゃん!
毛がないのは親兄弟に食べられたのでしょう、生後4、5週間ぐらいです
家にも入らずそのまま獣医さんに直行しました。

両後ろ足と前の右足の3本が、開ききって筋肉がほとんどない。
開張肢(splayleg…左右に開いてしまって身体の下に収めることができない状態)
先天的なものだろうと。
前足左は、鶏のように背中に向ききっいてしまい手のひらは上を向いている。
四つ足全てが不自由な子でした。

後足だけならともかく、ここまでひどい状態の子は見たことないと・・・
うす茶色と白のブロークンで、毛も長く、本当にかわいいんです。
アメリカン・ファジーロップでは?と誰もがいいました。
でも、長くはないかもしれないと・・
生長しても、足は大きくなり横に開き、身体も大きくなりとても大変とも言われました。
安楽死の対象の子とも・・・
だけどご飯、食べます。必死にはって動きます。
朝、下半身をお湯で汚れを落とすし、定期的にひっくり返してうんちを取るので
この子には嫌われてしまったようですが。
女の子のようなので、ふかちゃんと名づけました。
今は毛がほとんど身体にないけど、ふかふかなあったかいうさになって欲しいと思いました。

世話のこと、いろんな心配がありました。
右肩だけでしかはうことができないうさぎです。
前足も後足もすべて自由がきかない。
私の母がこの子を見て言いました。
「赤ちゃんがウサギのぬいぐるみを散々投げて放り出したような姿」
顔だけが普通で姿はまるで亀のようです。
270gあった体重が日ごとに少なくなり、23日は250gをきり朝一で病院行かなきゃ・・・
でも、24日朝冷たくなっていました。
おかしいと思ったとき、あの時ずっとついていてあげたら・・・
と、悔やんでも悔やみきれません。
ほかの子が、この子にかかりきりな私を見て怒って、すねているのが気がかりでしたが、
残念なことですが、もうその心配もないんですね。
たった6日ですが、世話がかかった分、心配だった分とても長く一緒にいたような気がします。
こんな悲しい思いは2度としたくないです。
ふかちゃんにとって、大きくなることがいいことかは分かりませんが、もっと一緒にいたかった。
ふかを一人で死なせてしまったことが悔やみきれないです。
小さな身体で何をするにも一生懸命で、
水を飲むときなんて、身体起こそうとして後ろにひっくりかえちゃうんですよ
涙が止まりません。思い出すと勝手に出てきて。
もっと違う対応が出来たのではないかと思っても仕方がないことばかり・・・
(当時のメールより)

ふかちゃんにはじまり、年に数回ダンボールが置いてあるようになりました。
時には数匹の子が、箱の中で私の帰りを待っていました。
運良く助かった子、里親宅で可愛がられている子もいます。
助からなかった子もいます。
先日(01年9月27日)も、5匹のミニロップイヤーがぎゅう詰めの箱に入っていました。
これで多分6回目・・・。
いつも小さな子(身体の何処が異常=怪我病気等)や、中くらいの子ばかりです。
今回うさぎMLの皆さんの協力を得て里親さんを見つけることができました。
でも、5匹中3匹が月に行きました。
どんな事情があったにせよ、せめて私に直接手渡して欲しかった。
命尽きる度に私がどんな想いをしたか・・。
やりきれないし、悲しいし・・・。
精神的にも体力的にこたえました。
応援してくれた皆さんのおけげで、頑張れました。ありがとうございます。

・・なんで生き物を捨てれるの?

捨てうさ、処分うさが集まりました。
今年の春は、片目が3倍に膨れ失明しているオレンジ色のミニウサギが仲間入り。
里親を探し見つからなかった子が手元に残ったりと今では18匹になりました。
世話に追われ、生活に追われの日々が続いています。
もし、うさぎを手放さなくてはいけなくなったら、お願いです里親を探して下さい。
そのために、里親募集ページを作ります。

そして、もし、箱うさを私の所に連れて来た人がこのページを見ているのなら
「あなたが殺したうさぎがいます。これからも殺すのですか?」

追記 02年02月

HPを立ち上げ良かったと思うことは沢山の人の励ましメールでした。
ソフト開発の仕事や私の体調不順から思うように返事ができていないことお詫びします。

恐れていたことが現実になりました。
このHPを立ち上げ捨てうさを取り上げること悩みました。
嫌なこともあるだろうと。
でもね、誰が想像つくでしょう?
箱を開けると・・。
足、耳、頭などが切り離されたうさぎが目の前にいることを!
・・許せない。許せない!ゆるせない・・・・
誰が罪のない生き物を切り刻むの!
何を言ってもきっとやった人(?)を喜ばせるだけかもしれない。
ここに書くことも彼等を喜ばせるだけでしょう。
でも、怒りが悲しみがおさまらないの。
頭の中に焼きついた血まみれのうさぎが消えない。
私はどうしたらいい?
このHPを続けることがいいことなのだろうか・・。
一人では抱えきれない・・・。


ホームに戻る

このページの感想・ご意見は、 hakousa@msv.imix.or.jp  まで
タイトル「箱うさぎ」でお願いします。
なお、返信は日数&時間がかかります。ごめんなさい。